マイル貯める クレジットカード

マイル貯める クレジットカード

マイルって、飛行機に乗らないと貯まらない・・・

 

そんな印象があるかもしれませんが、実はそれ以外でも貯める方法があります。

 

その一つの方法でクレジットカードを有効に使う方法がありますので、ご紹介します。

 

 

マイルを貯める事ができるカードの中には、クレジットカード機能をつける事ができるものがあります。

 

まずは、そのようなカードかどうかを確認しましょう。

 

次に、これらのカードで口座振替で公共料金の引き落とし、普段の買い物を行っていきますと、それだけでマイルとなって貯める事が可能となります。

 

 

 

毎月、生活固定費である公共料金には、水道代、ガス代、電気代、また固定電話や携帯電話(スマホなどの通信費)、また光回線やLTE、WiMAXといった通信回線使用料まで多岐に渡ります。

 

これらの支払いを毎月カードで決済すれば、結構な金額となります。

 

これで、どんどんマイルが貯まることになります。

 

もし、今まで銀行口座から引き落しとしている場合には、クレジット決済へ変更するのが望ましいでしょう。

 

これは何もマイル対応だけではありませんので、クレジットのポイント還元も狙えますので、自分の貯めたいポイントのついたカードを選択しましょう。

 

 

あと、カードですが年会費は気にしなくても良いかもしれません。

 

普段から結構カードを使う場合であれば、ワンランク上のカードを使うのもひとつの手です。

 

理由は「還元率が高い」のでポイントやマイルがたまりやすいからです。

 

年会費を支払いしても、十分元を取れるので、オススメです。

 

 

 

年会費は、金額だけ見ればやや高めですが、マイルの還元率が高くなったり、さまざまなイベントで発生するボーナスマイルも高くなったりするというメリットが享受できます。

 

 

さらにマイルの還元率が上がるだけでなく、提携ホテルや免税店を割引価格で利用できるようにもなりますので、そのような特典を狙うだけでも十分価値があるかと思います。

 

 

 

その他にも、ANAではEdy、JALではSuicaやWAONなどの電子マネー機能を搭載できます。

 

それらの電子マネーを利用すると、マイルが貯まります。

 

そのようにカードを使う間口を拡げることが、マイルを獲得するコツと言えそうです。

 

これで、飛行機に乗らず、マイルを貯める事ができるかと思いますので、挑戦してみて下さい。    

 

飛行機 マイル 貯め方

次に、飛行機に乗ったりすると溜まる「マイル」についてのおさらいです。

 

その前に、確認ですが「マイルという言葉はよく耳にするけれども、よく分からない」という方も多いかもしれませんので、ここで確認しましょう。

 

 

「マイル」とは「マイレージ」という名将のサービスで、航空会社が実施しているポイントプログラムにおける単位を指します

 

例えば、クレジットカードを使って買い物をすると、各クレジット会社のポイントが貯まりますが、マイレージプログラムの場合は、このポイントがマイルに相当します。

 

 

 

マイルは飛行機などのフライトだけで貯まるものでない事は、先ほどの解説でも十分おわかり頂けたかと思いますので、たくさんマイルをためて、無料で航空券を発行!

 

となるように、頑張りましょう(*´艸`*)

 

あと、場合によっては商品券や電子マネーへ変換する事もできるようです。

 

「飛行機にはあまり乗る機会がないので、マイルって別にいいや」とならずに、現金支払だけでなく、うまくクレジットカードを使うのも大事かと思います。

 

 

 

そのためにも、普段使っているクレジットカードはマイル対応なのか、それともポイント対応なのか。

 

また、どのくらい還元率で貯まるのか。

 

クレジットカードを比較するのは良いかと思います。